読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TFS2013から2015へのアップデート

TFS

(tfs 2013 to 2015 update)
9月末にTFS2013をインストールしてから早1カ月ちょい
まったく触れていませんでしたが!
やっと2015に更新しました

まずは、2013から2015へのアップデートの備考録をっと

前提として2013をインストールしていますorzmakoto.hatenablog.com

TFS2015のシステム要件 抜粋

WindowsServer:2008 R2 SP2以降 or 2012 or 2012 R2
SQLServer:2012 SP1以降 or 2014

詳細↓↓↓
Team Foundation Server のシステム要件

1.Team Foundation Server 2015のインストール

インストールメディアをTFS2013をインストールしたサーバーに入れてウィザードに従って進行
f:id:orzmakoto:20151016220027j:plain


f:id:orzmakoto:20151016220036j:plain
f:id:orzmakoto:20151016220039j:plain

次に構成ウィザードでアップデート開始

2.Team Foundation Server 構成センター

既に2013をインストール済みなのでアップデートを選択
f:id:orzmakoto:20151016220228j:plain

3.Team Foundation Serverのアップデート

2013の時のDBの構成に変更がない場合には、ウィザードに従って進めば完了
f:id:orzmakoto:20151016220642j:plain

1.データベース

f:id:orzmakoto:20151016220650j:plain
DB構成が2013から2015へアップデートされます
万が一2013へ戻す場合には、DBのバックアップが必要になるのでこの段階でフルバックアップを取得することをおすすめします
SQL Server ManagementStudioを使わなくてもこの画面から取得できます

画面下部の”データベースバックアップツールを起動するには、ここをクリックします”
f:id:orzmakoto:20151016221303j:plain
f:id:orzmakoto:20151016221308j:plain

2.アプリケーション層の設定

f:id:orzmakoto:20151016221624j:plain
f:id:orzmakoto:20151016221629j:plain

3.ビルド

f:id:orzmakoto:20151016221727j:plain

4.レポート

f:id:orzmakoto:20151016221803j:plain

Reporting Service
f:id:orzmakoto:20151016221859j:plain
データベース
f:id:orzmakoto:20151016221905j:plain
Analysis Service
f:id:orzmakoto:20151016221910j:plain

4.SharePoint

TFS2013をインストール時にSharePoint2013Foundationをインストールしている場合には、SharePointへの拡張コンポーネントが2013から2015へ更新されますが、今回はインストールしていないのでなにもせずにスルー
f:id:orzmakoto:20151016221915j:plain

5.確認

f:id:orzmakoto:20151016222316j:plain

6.整合性チェック

ディスク容量と権限で警告が出てますがスルー
※検証用なので動けばOK程度で
f:id:orzmakoto:20151016222421j:plain

7.構成

ゆるーく見守ってれば完了
f:id:orzmakoto:20151016222521j:plain

進行状況
f:id:orzmakoto:20151016222540j:plain

8.完了

f:id:orzmakoto:20151016222558j:plain

アップデートに関しては、2013の構成情報引き継ぎなので悩むことなく完了

別にVSO(VisualStudioOnline)が嫌いだからオンプレミスを構築するというわけではなく、インストールしてみたいから、いろいろやってみたりしています。
次回はSharePoint2013は構築済みなので、TFSとSharePointを統合してみます。